スマートフォン解析

ブランド戦略の基本的な考え

インサイトフォースのブランド・コンサルティングのベースとなっているブランド戦略の基本的な考えを解説いたします。


ブランド戦略を成功させる3つのポイント


W_No_01.gifブランドは、顧客接点の一貫性で形成される

  • ブランドは、顧客接点で一貫性のある体験蓄積によって形成されます。どれほど個々の施策が優れていても、一貫性が無ければ顧客の頭の中でブランドの存在と価値は記憶されません。

aob01.png


No_02.png顧客接点の一貫性は、ターゲット顧客の共通理解で担保される

  • 企業の現場では、商品・サービス企画、デザイン、広告、販売など機能毎に多くの担当者が各々独自のブランド解釈で施策判断をしています。顧客接点でブランドの一貫性を保つには、ターゲット顧客の属性・嗜好・攻略要件の共通理解が鍵となります。

aob02.png

ターゲット顧客理解の解像度を上げる際、定量分析に加えてペルソナなど定性的手法も併用します。


No_03.pngターゲット顧客の理解は、顧客セグメンテーションが鍵となる

  • ターゲット顧客を正しく理解するには、市場全体を包括した顧客セグメンテーションが欠かせません。全顧客層の経済価値を把握することでターゲットの重要性を認識し、非ターゲット顧客層と相対比較することでよりターゲットの理解が深まります。

aob03.png

顧客セグメンテーションの軸は、プロジェクト目的の比重に応じて下記を一例とした候補から検討し、最終的には統計的検証を経て適切な軸を選定します。

顧客セグメンテーション軸の候補例

  • Demographics : 消費者の性別・年代・ライフステージなどによるセグメンテーション
  • Values & Life Style : 消費者の価値観及びライフスタイルによるセグメンテーション
  • Consumer Behavior : 消費者の購買行動や購入商品SKUによるセグメンテーション
  • ABC analysis : 顧客のロイヤルティ、満足度別などによるセグメンテーション
  • Buying Power : 顧客の購買力、消費支出などによるセグメンテーション
  • Global : 各国横断もしくは地域別に顧客、エスニシティなどによるセグメンテーション


ブランド戦略の運用を定着させる2つのポイント


W_No_01.gifブランド戦略の運用定着は、経済価値連動のKPIが鍵

  • ブランド戦略の実行は、目に見えないブランド価値を高めるための活動となるため、活動維持の動機づけが欠かせません。関係者の活動モチベーションを保つためにも経済的価値との連動を可視化したKPIの設計と定期的測定が重要です。

aob004.png


No_02.pngKPIは随時検証し、課題と共に結果を社内で共有する

  • ブランド戦略の目標に最短で到達するには、随時施策の軌道修正をすることが必須となります。全ての顧客接点で随時KPI検証を行ない、顧客視点から見た評価と改善課題を社内共有する機会の定例化により優れたブランド戦略運用が実現されます。

PDCA.png




上記の考えをベースとしたコンサルティングサービス


コーポレート・ブランド支援

CBC0.psd
コーポレート・ブランドのネーミングおよび提供価値の策定、ビジュアル展開システム、各種業務への落とし込み、KPI運用などのコンサルティング支援サービス

プロダクト・サービス・ブランド支援

PSBC0.psd
商品・サービスのブランドのネーミングおよび提供価値の策定、商品・サービス企画、デザインモック製作、プロモーションなどのコンサルティング支援サービス

顧客セグメンテーション活用支援

aob03.png
マーケティング・マネジメントの一環として、顧客セグメンテーションを商品・デザイン・プロモーション・チャネルの施策に導入・活用し、PDCAサイクルを定着させるコンサルティング支援サービス

title_banner.psd

voice_side_banner.psd

sidebar_pfb.psd

sidebar_book.psd


いいね!を押していただくと、ブランドコンサルティング、マーケティングに関わるトピック、著名企業のブランド戦略考察コラム、弊社セミナー情報を入手できます。