タグ別アーカイブ: 豊浦洋祐

ブランド・アナーキストを探せ!」 日経ビジネスオンライン連載が再開

nbo

今年の6~7月に日経ビジネスオンラインさんで連載させていただいていた『ニッポンブランド強化作戦』がSeason2として11/11より連載が復活しました。

ブランド・アナーキストを探せ! ニッポンブランド強化作戦 Season2

 

今回のSeason2のコンセプトである対談連載の副題は「ブランド・アナーキストを探せ!」と、なかなか過激な言葉になっています。

背景には、Season1の連載での読者の皆様の反応をPVたSNSでの紹介数という定量データや、定性コメントから分析すると、対談のお相手の方の「尖って突き抜けている面」が記事でうまく出ていると、非常に反応が良いという学習がありました。

それが顕著だったのが

「無駄よし、不公平よし! カップヌードルがどこまでも強いワケ」

という日清食品 安藤徳隆専務・最高戦略責任者と対談させていただいた回で、安藤さんの常識をくつがえすような振り切れたコメントに、読者の皆さんが大いに触発されている様子が伺え、実際のPVも日経ビジネスオンラインさんの月間ランキングで上位数番目というヒット記事だったようです。(私はPV生データを見ることはできないため、編集者の方からのフィードバックです) 

逆に、読者の方々の反応が伸び悩んだのは、「戦略論としては王道で正論だけど、アナーキーな面が見えない記事」でした。

少し考えれば当たり前のことですが、日経ビジネスオンラインの閲覧シーンは、通勤時間中や、オフィスでの仕事の合間の息抜きに読まれていることが多く、「ガチガチの学び」に凝り固まった記事ではなく「まずは、面白い!」そして、読み進めたら「意外に学びにもなった」という「面白さ→学び」の序列=優先順位が担保された記事にすることが重要なんだな、と。

メディアでの発信に不慣れだった私は、ネットメディアの世界の皆さんからしたら「何を今更?」感が満載なことを、身を持って学習しました^^;

しかし、残念ながら、私自身は面白くもアナーキーでもないため、対談成功の鍵は「対談していただく相手がアナーキストであること」にあると他力本願に見定め(笑)、Season2では、ユニークなブランド戦略を持つ企業であるは基本条件としつつ、対談して頂くお相手が、ブランドやマーケティングに対して少しアナーキーなまでのこだわりを持っている方であることを重視してお願いさせていただきました。

11/30現在、これまで公開された3回分を読んでいただければわかりますが、皆様それぞれ個性豊かなアナーキストで刺激的な記事になっているかと思います。

11/11 デジタル戦略は、マーケターの基本/日本コカ・コーラ 豊浦洋祐氏

11/18 「ポスペ」消えても1000億円企業へ/ソネット 十時裕樹氏

11/25 社員には、転職活動を勧めています/東急ハンズ 長谷川秀樹氏

 

Season2は、毎週月曜日更新で全7-8回位を予定しています。というわけで、よろしければご覧になってみてください。

あっ、そういえばもうひとつ。

なんと私のTwitterでの発言を拾って、体系だててまとめてくださった「NAVERまとめ」が出来ていました。驚きとともに、作成してくださった方に大感謝です。

まるでうちの会社による仕込み?と思う位の力作ですが、断じてステマではございません^^;

少し長いですが、よろしければ、こちらもどうぞ。

nm

 

 

 

 

 

【R25】戦略コンサル“山口”さんの洞察がおもしろい 

ではでは。

インサイトフォース株式会社
山口義宏