タグ別アーカイブ: 日経ビジネスオンライン

ブランド・アナーキストを探せ!」 日経ビジネスオンライン連載が再開

nbo

今年の6~7月に日経ビジネスオンラインさんで連載させていただいていた『ニッポンブランド強化作戦』がSeason2として11/11より連載が復活しました。

ブランド・アナーキストを探せ! ニッポンブランド強化作戦 Season2

 

今回のSeason2のコンセプトである対談連載の副題は「ブランド・アナーキストを探せ!」と、なかなか過激な言葉になっています。

背景には、Season1の連載での読者の皆様の反応をPVたSNSでの紹介数という定量データや、定性コメントから分析すると、対談のお相手の方の「尖って突き抜けている面」が記事でうまく出ていると、非常に反応が良いという学習がありました。

それが顕著だったのが

「無駄よし、不公平よし! カップヌードルがどこまでも強いワケ」

という日清食品 安藤徳隆専務・最高戦略責任者と対談させていただいた回で、安藤さんの常識をくつがえすような振り切れたコメントに、読者の皆さんが大いに触発されている様子が伺え、実際のPVも日経ビジネスオンラインさんの月間ランキングで上位数番目というヒット記事だったようです。(私はPV生データを見ることはできないため、編集者の方からのフィードバックです) 

逆に、読者の方々の反応が伸び悩んだのは、「戦略論としては王道で正論だけど、アナーキーな面が見えない記事」でした。

少し考えれば当たり前のことですが、日経ビジネスオンラインの閲覧シーンは、通勤時間中や、オフィスでの仕事の合間の息抜きに読まれていることが多く、「ガチガチの学び」に凝り固まった記事ではなく「まずは、面白い!」そして、読み進めたら「意外に学びにもなった」という「面白さ→学び」の序列=優先順位が担保された記事にすることが重要なんだな、と。

メディアでの発信に不慣れだった私は、ネットメディアの世界の皆さんからしたら「何を今更?」感が満載なことを、身を持って学習しました^^;

しかし、残念ながら、私自身は面白くもアナーキーでもないため、対談成功の鍵は「対談していただく相手がアナーキストであること」にあると他力本願に見定め(笑)、Season2では、ユニークなブランド戦略を持つ企業であるは基本条件としつつ、対談して頂くお相手が、ブランドやマーケティングに対して少しアナーキーなまでのこだわりを持っている方であることを重視してお願いさせていただきました。

11/30現在、これまで公開された3回分を読んでいただければわかりますが、皆様それぞれ個性豊かなアナーキストで刺激的な記事になっているかと思います。

11/11 デジタル戦略は、マーケターの基本/日本コカ・コーラ 豊浦洋祐氏

11/18 「ポスペ」消えても1000億円企業へ/ソネット 十時裕樹氏

11/25 社員には、転職活動を勧めています/東急ハンズ 長谷川秀樹氏

 

Season2は、毎週月曜日更新で全7-8回位を予定しています。というわけで、よろしければご覧になってみてください。

あっ、そういえばもうひとつ。

なんと私のTwitterでの発言を拾って、体系だててまとめてくださった「NAVERまとめ」が出来ていました。驚きとともに、作成してくださった方に大感謝です。

まるでうちの会社による仕込み?と思う位の力作ですが、断じてステマではございません^^;

少し長いですが、よろしければ、こちらもどうぞ。

nm

 

 

 

 

 

【R25】戦略コンサル“山口”さんの洞察がおもしろい 

ではでは。

インサイトフォース株式会社
山口義宏

nikkei-business

戦略は見えにくいブランディング ~連載で伝えたいこと~

本日より、インサイトフォース公式ブログをスタートすることになりました。
会社の代表である私・山口や他のメンバーが時々更新していきます。どうぞよろしくお願いします。

さて、昨日より日経ビジネスオンラインさんで

『ニッポン・ブランド強化作戦 低価格競争からの脱却』

という企画を開始させていただきました

第一回のカルビーさんの『フルグラ』を皮切りに、様々なBtoC商材のブランド責任者の方々と対談する内容で毎週金曜日更新の連載になります。

連載本文は文末にリンクを貼り付けておくので、ここでは「連載の背景にある問題意識」を書きたいと思います。

『ブランディングの展開施策は目に見えるけど、戦略は目に見えない』

企業や商品のブランドの展開施策である商品・サービスそのもの、広告宣伝であるTV-CMなどに関しては、消費者の皆様が直接目にすることは多く、すでに評論は世の中で数多くなされています。

頻繁に見かけるソフトバンクのお父さんのCMなどは、みなさんも一度は話題にしたことがあるでしょう。

そして、それらの目に見える施策なら論評するメディアも沢山あります。

ガジェット関心の高い人であればITmedeiaやGizmode、広告関心の高いマーケティング業界人なら宣伝会議など、それらはすでに多くの方々に認知され、論評する土壌はすでに出来上がっていると言って良いでしょう。

しかし、企業の中には、商品や広告の方向性付けをし、一貫した印象を与えることで、消費者の心の中で存在感を高める役割として『ブランド戦略』という機能があります。

ブランド戦略が何かという話になること、ここでは長くなるので詳細は割愛しますが、

  • ブランドターゲット(象徴的顧客像)
  • ブランドが狙う顧客インサイト(消費者の本音)
  • ブランドが提供する顧客体験の全体設計図
  • ブランドの知覚価値(消費者に残したい印象)

といったものの定義で構成され、企業の事業戦略とマーケティング4P施策の間をつないで一貫性を産み出す、企業経営における大変重要な核となるものです。

ブランド戦略が欠けていると、マーケティング4P個々の施策は良くても全体の一貫性に欠け、消費者の心に知覚価値が残らず、競争力が蓄積していきません。

しかし、ブランド戦略は施策ではないため目に見えず、しかも企業は積極的に外部に発信するわけではありません。

そのため良く勉強されているビジネスパーソンでも“知識として理論は知っているが、どのように実践されているかのリアルは知らない”という方が大半です。

そこで、皆さんが日頃から愛用しているような商品や、爆笑しているようなCMの裏側にある“ブランド戦略”というものが、少しでも身近に感じられ、自身の仕事でのブランド推進のお役に立てればという思いで、日経BPの編集者Hさんと一緒に連載企画をスタートさせました。

商品そのもの、広告クリエイティブそのものを掘り下げるのではなく、その裏側にある意思決定の基準と、組織ガバナンスや企業文化を掘り下げていきたい。

今回のカルビーさんを皮切りに、今後の連載では食品、住宅、ファッション、携帯電話など、様々な人気ブランドの裏側にあるブランド戦略に迫っていきます。

そして、そのようなブランド戦略を推進する方たちのパワフルで魅力的な人物像や、各社各様の意思決定スタイル、その背景にある企業文化にもぜひ触れていただければと思います。

よろしければ読んでみてください。そして、ご感想などあればぜひお聞かせください。

*本連載は拙著「プラットフォームブランディング」共著者・川上先生のアドバイスも頂いています。

日経ビジネスオンライン「ニッポン・ブランド強化作戦 低価格競争からの脱出」

担当者が明かす、「フルグラ」が爆発的に売れた本当の理由

連載企画は、今後も毎週金曜日にUPされる予定です。ご期待ください。

インサイトフォース株式会社
山口義宏